トピックス

「福祉医療費は窓口無料に」と副知事と懇談

カテゴリー:

 8月27日(木)「やさしい会三重県政をつくる会」の辻井良和会長、藤井新一事務局長はじめ構成団体の代表6人のメンバーが、県政への要望書を鈴木英敬知事あてに提出し、石垣英一副知事と懇談しました。

 要望書は「若者・子育て世代の支援」や「教育」「福祉・医療・介護」「地域経済・産業政策」「平和」の5つのテーマごとに県民本位の施策を具体的に求める内容です。

 会側は懇談で特に、福祉医療費の窓口無料化の一日も早い実現を要望。石垣副知事は、要望書全体については「どれも、県のアンケートでも要望の多いものばかり。もっともな内容だと思う」としながら、窓口無料化については財政難などを理由に「検討する」以上の回答を避けました。

 各参加者は、県議会で請願も通った窓口無料化は全国の多くの都府県が実施していて県民要求も切実であることや、経済効果が大きいことなどを訴え、重ねて早期実現を要請。石垣副知事は「強い要請があったことは知事にも伝える」と応じました。

  回答は文書で後日行われる予定。

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2015 - 2017 県民本位のやさしい三重県政をつくる会