やさしい会とは?

 1976年10月、県民本位の革新県政の実現を願い、「革新三重県政をつくる県民連合」(略称・県民連合)が結成され、2006年11月、会は、名称を「県民本位のやさしい三重県政をつくる会」に改称しました。

 会は目的を「憲法を生かし、くらしと福祉を守るやさしい三重県をめざす」としています。

 以来、76年から2014年まで10回の知事選をたたかってきました。

 76年選挙には多喜正男氏、80年には中川政一氏、84年には馬場久勝氏を、88年・92年には鈴木茂氏、95年には安井彦光氏、99年には大野章氏、2003年には鈴木茂氏、07年には辻井良和氏、11年には岡野恵美氏、15年には藤井新一氏をそれぞれ会の候補として擁立しました。

 

 会には、みえ労連などの労働団体や、三重県年金者組合、新日本婦人の会三重県本部などさまざまな市民団体・個人が参加しています。政党では日本共産党が参加しています。

▲ このページの先頭にもどる

© 2015 - 2017 県民本位のやさしい三重県政をつくる会