トピックス

三重県知事選へむけて岡野氏が政策発表

カテゴリー:

 

26日告示の三重県知事選にむけ、県民本位のやさしい三重県政をつくる会から立候補を予定している岡野恵美氏(69)=無所属新人、日本共産党推薦=は20日、県庁で記者会見をし基本政策を発表しました。

 岡野氏は、県内でもコロナ禍で病床ひっ迫など深刻な状況が広がる中、県民の命と暮らしを守る県政が必要だと強調。①「とこわか国体・とこわか大会」を中止しコロナ対策の抜本的強化、②リニア中央新幹線推進より生活交通の充実、③防災・復興・被災者支援の抜本的強化、④自公政権追随の政治から県民が主人公の政治へー「4つのチェンジ」を訴えました。

 「いのち・暮らし守り、ただちに取り組む6つの重点政策」として、▽コロナ対策では、社会的検査やワクチン接種体制の拡充、事業者や生活困窮者への支援強化、▽福祉医療費の窓口無料化を中学卒業まで引き上げ、障害者・一人親家庭も実施、▽高すぎる国保料の1万円引き下げ、▽最低賃金をただちに時給1,000円に引き上げ、1,500円をめざす、▽生活交通拡充への補助制度創設などを提起しました。

 全国15位の財政力を生かし、不要・不急の大型公共事業の見直しや知事の退職金の廃止など予算の見直しも提案し「県民本位の県政をつくりたい」と力を込めました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2015 - 2021 県民本位のやさしい三重県政をつくる会